多摩市からはサイクリング登山 高明山 馬頭刈山 |多摩の自然

多摩市からはサイクリング登山 高明山 馬頭刈山

多摩市からはサイクリング登山 高明山 馬頭刈山

自転車停車

サイクリング登山で意外と困るのが自転車の置き場所。
今回は未使用の歩道のような場所があり、安心しておける。

養沢川の渡る

秋川へ合流する少し前の養沢川を渡ります。
蛇行していて流れも緩やかです。

養沢川沿いを歩く

乙津方面へ歩く。
川沿いは気持ちいい。

川から離れる

川が結構下にある。
ここで川沿いを離れる。

日差しが厳しい

木々がなくなり。山里といった感じの場所へ。

登山道がない

通行止めとなっているが一応確認の為、登ってみる。
どうやら土砂崩れがあったようで、登山道がなくなっていた。
別の道にピンクのリボンがあったので、それを頼りに進んでみる。
かなりの藪の道だったが、どうにか迂回して予定どおりの登山道に合流する。

杉の登山道

藪の道から開放され、気持ちよく登れます。

案内図

分岐でもないのに案内図が出てきました。

緑がある山道

針葉樹で高いところの緑が多いのですが、一部低いところも細い樹木が緑の葉を茂らせています。

合流点

乙津郵便局の方に出る登山道と合流。
帰りはこちらを通ろう。

休憩所

ベンチがたくさんある休憩所。
ちょっと早いが今朝は早かったのでここで昼食にする。

左右で木の種類が違う

尾根道にありがちな風景ですが、左右で木の種類が違います。

合流点

このあたりは林道や登山道は多くて分岐や合流が点在します。

高明神社の鳥居

山の名前が光明山だったり高明山だったりしますが、神社名は統一して高明神社ですね。

太めの杉

神社の参道になるのでしょうか。他よりも太めの杉があります。

振り向くと平野の展望

ここまでほとんど展望はありませんでしたが、ここで振り向くと山の先に街が見えます。
あきる野ですかね。

團子木社

團子木社で調べても何の情報も出てきませんでした。
高明神社 の末社とのことですが、御神体は何なんですかね。

鶴松神社

こちらも高明神社の末社のようです。

大杉神社

末社が多すぎと思っていたらダジャレみたいに大杉神社ですって。

山の神社の参道

これはいい絵です。
杉の木と登山道の先に鳥居。
この先に本殿があるのかと期待していしまいます。

高明神社跡

あれ、跡なんですね。
麓にあるのが本殿ですかね。
ちょっと残念。

小さな社

横に小さな社が残っていました。

高明山山頂

山頂は登山道から少し入ったところでした。
何もなく、小さな標識があるのみ。

馬頭刈山へ向けて出発

尾根沿いを歩くにでしばらく平らです。

大きな杉

天狗の腰掛けみたいですね。
御岳山のものに比べると小さいですが、立派な杉です。

尾根で分かれる植樹

ここも木の種類が違いますね。

南側の展望あり

尾根道から少し左トラバースの展望が開けました。

展望

隙間からになりますが、関東平野が見えます。

関東の富士見百景

岩に標識がありましたが、残念ならが富士山は見えませんでした。

馬頭刈山山頂

小さな山頂ですね。
周りの木々があり、展望もありません。

山頂の標識

この標識いいですよね。
都が設置したみたいですが、どういう基準で設置しているんですかね。

山頂から戻る途中

山頂からUターンです。
下山し始めてすぐに分岐があります。
多分上りで気づきません。
本来は左なのですが、右側にいくと岩場の上に出て展望が開けます。

ズームしてみます

すぐ近くの電線が固まっているところは今熊神社近くのパワーグリッドですね
市街地にある緑のベルトが多摩丘陵かな。
ということは正面は川崎、横浜方面ですね。

分岐点

一気に分岐点まで一気に下ります。

一王子社

またまた末社です。

傾斜が厳しい

行きに通ったルートよりも傾斜が厳しいですね。

林道に出る

登山道から林道へ。
くま?
こんなに人里に近いのにいるんですね。

再び登山道

小川沿いですが、小さな滝が見えました。

緑が濃い

山の中とは違った緑の濃さです。

水を利用

川の水を汲み取っていますね。

住宅地に出ました

バス停までの案内が所々にあります。

下山したのに

下山したのに景色がいいです。
里山風景ですね。

しんばし

自転車止めている橋の前に到着です。

山頂からのパノラマ

あまり展望はありません
« »

最近の更新

長雨の後
長雨の後
2021/08/18


[EDIT]