八王子城山 |多摩の自然

八王子城山

八王子城山

高尾駅を降りてひたすら北上

30分ほどで中央道を越えて坂道になります。

稲荷神社

登山の無事を祈っていきます。
狛犬ではなく狐ですね。

狛犬ならぬ狛狐

稲荷神社って狛犬なかったですかね。

八王子城の案内があります

登山ではなく、これだけ巡っても結構かかりそうです

八王子城跡到着

朝は開いていません。
つまりトイレも使えません。
そして自販機もありません。
少し戻って水補給です。
ここから先はどこかの山頂まで水がないので注意が必要です。
夏場に水切れで熱中症になりかけました。

登山開始です

神社へと向かう感じですが、まさに山頂に神社があるのでそのイメージで登るのがいいです。
ただし道は険しいです。

一気に上昇

登山道は結構急です。
視界がひらけた場所に出た頃には背中に汗をびっしょりかいています。

柵門跡

ここでベンチがあるのは嬉しい。
今日は20kmを超える縦走なので最初から体力を消耗したくない。
この山は2度目だが、前回は前半にスタミナを奪われたので今回は休めるところで休むこととする。

柵門跡の解説

名前だけ残っていて目的がよくわかっていないケースですね。

山道から人工的なものが増えてきた

山頂が近い気配

東側の展望

天気はイマイチだが八王子から立川の方まで見えてきた

八王子城山 頂上到着

雪が少し残っている

奥に神社

神社へ登る階段が見えてきました

御神木

御神木かな。かなり太いです。

八王子神社

山の上にある神社としてはしっかりしています。

天狗の石像

高尾方面は天狗が普通にありますね。

見晴台

登山コースから少しだけ外れますが、東側を見渡す見晴台があります。

東側の展望が広がっています

八王子の街並みが見えます

詰の城跡

少し台地になっています。
ここが八王子城山のピークです。

富士見台

しばらくトレッキングすると富士見台に着きます

残念、富士山見えず

富士山は見えませんでした。

富士見台のベンチ

ここでちょっと休憩です。
富士見台へは小仏の方からのルートがあるようで登ってくる人がいました。

ここから先は結構精神的に厳しいです

登ったり降りたりの繰り返し。
せっかく登ったのにすぐに降りるの?と自答したくなります。

登山道に雪

一週間前に降った雪もまだ残っていました

城山から3km

標識が出てきました。
城山から3kmとのこと。もっと歩いたように思っていました。
前回は真夏で暑くて距離を長く感じたのだと思いましたが、どうやらこの区間はいつでも長く感じるようです。

一瞬一般道へ

林道かな。
広い道に出ました。

小下沢林道との分岐点です

以前はここを堂所山方面へ向かったので、今回は小下沢経由で行きます

ものすごい勢いで下っていきます

スタート地点の高さまで戻りそうなぐらい長くて急な下りです。

高尾の森作業小屋

広場が見えてきました。
このコースは精神的におススメできません。
あれだけの登りをリセットされた気分です。

景信山と日影バス停との分岐点

まさに登山開始といった気分です。
今までの7kmが準備運動にしてはハードすぎる。

橋を渡る

小下沢を渡って登山道に再突入です。

川沿いの登山道

しばらく川沿いの登山道が続きます。
それほど坂は厳しくありません。

厳しい坂道

川から外れた登山道になると傾斜が一気に急になります。
周りに雪がありますが体は汗でびっしょりになります

合流点

小仏バス停からのルートとの交流地点

一瞬東側が

景信山へ寄らずに城山へ向かっているので、東側はもう見えないと思っていましたが、山あいで一瞬左側の展望が開けます。

小仏城山の手前の石像

小仏城山の手前の石像です。
お地蔵さん。

小仏峠

なぜたぬきかは不明

小仏城山

お昼時だと言うのに誰もいない。
やはり冬は登山者が少なくて快適。

迂回ルート

台風で倒れた木のため、ルートが通れず、迂回するようになっていた。
迂回ルートからは木木を切った後の様子が見られた

稲荷山ルート

高尾山からは南側の稲荷山ルートを通って帰る。
途中で視界が開け圏央道の高尾付近が見えた。

高尾駅

無事高尾山口駅到着。
お約束の温泉に入った後電車で帰路につく。

Menu

多摩周辺の登山

大岳山登山
大岳山登山
2019/05/20

北高尾山稜
北高尾山稜
2018/08/04

刈寄山
刈寄山
2018/09/17

八王子城山
八王子城山
2019/01/22

多摩百山

赤久奈山
赤久奈山
ひっそりとした佇まいの赤杭尾根盟主
網代城山
網代城山
滝山城の出城があったという平坦な山頂は憩いの場
麻生山
麻生山
縦走路をはずれ、ひと登りで着く居心地のよい寂峰
市道山
市道山
戸倉三山のひとつ/北と南を結んだ交易の峰。失われた三角点
今熊山
今熊山
なくしものが見つかるかも知れない「呼ばわり」の山
岩茸石山
岩茸石山
高水三山のひとつ/川苔山の雄大な景観が指呼の間
大岳山
大岳山
奥多摩三山のひとつ/どこから見ても分かる独特の姿
大塚山
大塚山
自然林に囲まれて、花や紅葉がきれいな人気の山
大羽根山
大羽根山
北側の眺望に目を見張る中央区の森展望台
奥の院
奥の院
御岳山奥の院が鎮座する、隠れた花見の名所
景信山
景信山
展望よし、なめこ汁よし。気軽に山歩きが満喫できる得難い山
勝峰山
勝峰山
将門の軍勢が一夜城を築いたとされる桜の山
茅丸
茅丸
笹尾根の最高峰。小さな山頂のベンチに憩う
辛垣山
辛垣山
二俣尾城趾(辛垣城)の遺構に往時を偲ぶ
唐松山
唐松山
里山が山麓に広がる、静かな三角点峰
刈寄山
刈寄山
戸倉三山のひとつ/かつての草生地。南の展望が開ける
川苔山
川苔山
いつも人で賑わう、奥多摩屈指の人気の山
草戸山
草戸山
町田市の最高点。松見平休憩所からの眺めよし
熊倉山
熊倉山
丹沢、道志の山々を一望する爽快感
黒ドッケ
黒ドッケ
北高尾山稜の最高点
軍刀利神社元社
軍刀利神社元社
立派な軍刀利神社が建ち、南の景観が開けた平坦な山頂
高明山
高明山
大岳、御岳と並び称されたと伝わる高明神社跡が残る
御前山
御前山
奥多摩三山のひとつ/奥多摩主脈の中央に位置する美しい姿
小仏城山
小仏城山
小さな山城があったと伝わる、眺望のよい伸びやかな山頂
金比羅山
金比羅山
巨岩・巨石が鎮座する深山の風情
サス沢山
サス沢山
探せるか、幻の三角点
三方山
三方山
青梅丘陵唯一の三角点を確かめる
生藤山
生藤山
小さな山頂にはドラム缶。不思議な雰囲気の三角点ピーク
白岩山
白岩山
急登を終えると、三角点がひっそりと出迎える
陣馬山
陣馬山
この山ほど、360度の展望が楽しめるところはあるだろうか
杉沢ノ頭
杉沢ノ頭
長い北高尾山稜にひとつだけの三角点
豆佐嵐山
豆佐嵐山
名前に惹かれて登る入山尾根とのジャンクションピーク
浅間岳
浅間岳
羽村市、草花丘陵の最高点で展望にも恵まれる
浅間嶺
浅間嶺
かつての交易路の峠を控え、富士山遙拝の地として栄えた
惣岳山
惣岳山
高水三山のひとつ/青渭神社奥の院が鎮座する
惣岳山
惣岳山
豊かな自然林に囲まれた、御前山の肩
ソーヤノ丸デッコ
ソーヤノ丸デッコ
のんびりとくつろげる、明るく優しい丸い頂
醍醐丸
醍醐丸
戸倉三山、和田峠に通じる重要な通過点
高尾山
高尾山
言わずと知れたミシュラン人気の山。登るほどに味が出る
鷹ノ巣山
鷹ノ巣山
見飽きることのない南側の一大パノラマ
高水山
高水山
高水三山のひとつ/真言宗の名刹・常福院に参拝
月夜見山
月夜見山
奥多摩周遊道路脇にありながらも好ましい雰囲気
天竺山
天竺山
三内神社奥社のある静かな山頂
堂所山
堂所山
北高尾山稜と奥高尾山稜の合流点。陣馬山の展望よし
戸倉城山
戸倉城山
豪族小宮氏の山城跡。山頂からの眺めは値千金
八王子城山
八王子城山
山麓に北条氏照の居城跡。数々の遺構も興味の対象
日の出山
日の出山
大展望に癒された下山後は温泉にも癒されたい
雹留山
雹留山
意味ありげな名前にひかれて山頂を探す
仏岩ノ頭
仏岩ノ頭
雑木・下草に埋もれた三角点を探す興味深い山頂
槇寄山
槇寄山
富士山を正面に据える、かつての交易路の名峰
馬頭刈山
馬頭刈山
関東の富士見百景に選定された富士山展望地
松生山
松生山
明るく伸びやかに生まれ変わった山頂
丸山
丸山
ひっそりとした山頂に顔をのぞかせる三角点
三国峠(三国)
三国峠(三国)
甲・相・武の三国を結んだ要衝。多くの登山客で賑わう
御岳山
御岳山
御師の宿坊、門前町が賑わう、武蔵御嶽神社の山
三頭山
三頭山
奥多摩三山のひとつ/多くの山名由来が伝わる眺望の峰
六ツ石山
六ツ石山
南アルプスも展望できる明るい山頂
湯久保山
湯久保山
湯久保尾根の名が付いた、不遇の山頂
雷電山
雷電山
北条氏照ゆかり、雨乞い伝説が残る
連行峰
連行峰
誰もがひと息つきたくなる格好の休憩ポイント

最近の更新

パノラマ写真
2022/09/24

ミサゴ
ミサゴ
2022/09/22

ノスリ
ノスリ
2022/02/15

オカヨシガモ
オカヨシガモ
2022/02/13

オナガガモ
オナガガモ
2022/02/10

多摩川の野鳥
多摩川の野鳥
2022/01/10


[EDIT]