神社と多摩市の川巡り(7km) |多摩の自然

神社と多摩市の川巡り(7km)

神社と多摩市の川巡り(7km)

連光寺向ノ岡公園からスタート

川崎街道をまたぎ坂を下ります。

対鴎台公園を過ぎる

大きなイチョウの木があります。

坂の下にある石の道しるべ

結構古そうな感じです。
連光寺の文字も蓮光寺と記されています。

乞田川を渡る橋の前で左折します

ここで大栗川に合流しています

乞田川沿い右岸を走る

上流に向かって進みます。
車はほとんど通らないので快適に進みます。

御幸橋

御幸橋の下をくぐります。

しばらく川沿いです

この辺りは水面近くまで降りられません。

くるま橋を右折

鎌倉街道方面へ向かいます。

乞田川下流方面

右岸は結構崖ですね。

銀龍

おいしいと評判の銀龍の前を通ります。

熊野橋の交差点

鎌倉街道熊野橋の交差点を右折します。

熊野神社

正面に熊野神社が見えてきます。

鳥居少し上った先

道路から少し坂を上ったところに鳥居があります。

庚申塔

庚申塔ご何台があります。
なぜかお地蔵さんのように前掛けをつけられています。

狛犬と御神木

狛犬と御神木が左右揃って配置されてます。
シンメトリーですね。

振り向くと連光寺

振り向くと連光寺な町並みが見えます。
朝焼けに照らされて綺麗です。

神社の南側にある道

神社の南側に桜ヶ丘へ抜ける道があります。

結構急で細い道です

朝早く通ったので怪しい人のように見えてしまいました。

左側に畑

左側に畑ごあります。
麦もあり収穫の時期を迎えていました。

城跡へ続く階段

しばらく桜ヶ丘の住宅街の中を走り高台へ向かいます。
階段が現れました。

関戸城 天守台

現在は何も残っていませんがここに見張り台となる小さなお城があったそうです。

確かに辺り一面を見渡せるような場所になります。

金比羅宮

ジブリ映画にでも出てきた神社です。
小さな神社です。

おみくじ

おみくじがあります。

聖地巡礼者を狙う

おみくじについての解説やこの場所はジブリ映画の舞台になったことなどが書いてあります。
ちょっと商売染みています。

石灯籠の残骸

この神社以前から灯籠が倒れたままほったらかされています。
多分場所的に氏子さんもあまりいないのでしょう。
おみくじ売ってその資金で神社ご元に戻ることを祈っています。
恋愛おみくじみたいなので私は買わずにお賽銭てすませました。

大栗川へ

いろは坂を一気に降りて大栗川前に出ます。

大栗川の遊歩道に出ます

橋を渡ったら左に行くと河原にある遊歩道に降りることができます。

大栗川を上流に向かって進む

しばらく道沿いを上流に向かって走ります。
この道は川の風を受けてとても気持ちいいです。

桜ヶ丘を見上げる

河原から今までいた桜ヶ丘を見上げると結構な高さがかあることがわかります。

階段を使って住宅街を走る

階段を上って川崎街道に向かって走ります

Opaのビルは高い

途中住宅がない空き地からOpaが見えました。

やはり高いですね。

聖蹟の街にある踏切

京王線は高架になっていないところがある所があり、1分踏み切りとなっています。

サンリオラッピングされた電車が目の前を通過していきます。

小野神社前

小野神社前に出ました。

南門から中へ

南門から中へ行きます。
境内はきれいで静かです。
数名の人がお参りに来ていました。

境内を抜けて

お参り後、境内を抜けて多摩川に向かいます

多摩川到着

多摩川到着です。
一気に視界が開けます

聖蹟の駅前を過ぎる

110メートル以上の1マンションを建てる予定の現場です。
だいぶ道路ができてきました。

京王線鉄橋

鉄橋を越えて東へ向かいます

関戸橋

現在建て替え中の関戸橋です。
橋の下の道路がしょっちゅう変更になります。
今は工事前の状態に近いです。

関戸橋下ではない鎌倉街道の渡り方

大河原公園という公園があり、そこに用水路があります。
用水路と平行して歩道があり、多摩第一小学校と多摩中学校の間まで繋がっています。

この遊歩道を通ると信号を使わなくても鎌倉街道を横横切ることができます。

自転車も通れます

原則と降りて押すことになってますが自転車もこの遊歩道を通ることができます。

きれいな小川で野鳥も居ます

キセキレイカワセミなどもいます。
またタヌキも見かけます。

大栗川へ

旧市営住宅から細い道を抜けて大栗川に行ってます。多摩川と交流する場所はいつも緑で綺麗です。

大栗川と乞田川の合流地点

川崎街道の下を通り、大栗川とこった川の合流地点に着きます。

対鴎台公園

香パシーナを左に曲がり撃坂を上ると対鴎台公園です。

銀杏の木

大きな銀杏の木が公園の真ん中にあります。
この木はメスの木で秋には銀杏を落とします。

向ノ岡公園

スタート地点の向かいの丘公園に到着しました

Menu

多摩周辺の登山

赤久奈山
赤久奈山
ひっそりとした佇まいの赤杭尾根盟主
網代城山
網代城山
滝山城の出城があったという平坦な山頂は憩いの場
麻生山
麻生山
縦走路をはずれ、ひと登りで着く居心地のよい寂峰
市道山
市道山
戸倉三山のひとつ/北と南を結んだ交易の峰。失われた三角点
今熊山
今熊山
なくしものが見つかるかも知れない「呼ばわり」の山
岩茸石山
岩茸石山
高水三山のひとつ/川苔山の雄大な景観が指呼の間
大岳山
大岳山
奥多摩三山のひとつ/どこから見ても分かる独特の姿
大塚山
大塚山
自然林に囲まれて、花や紅葉がきれいな人気の山
大羽根山
大羽根山
北側の眺望に目を見張る中央区の森展望台
奥の院
奥の院
御岳山奥の院が鎮座する、隠れた花見の名所
景信山
景信山
展望よし、なめこ汁よし。気軽に山歩きが満喫できる得難い山
勝峰山
勝峰山
将門の軍勢が一夜城を築いたとされる桜の山
茅丸
茅丸
笹尾根の最高峰。小さな山頂のベンチに憩う
辛垣山
辛垣山
二俣尾城趾(辛垣城)の遺構に往時を偲ぶ
唐松山
唐松山
里山が山麓に広がる、静かな三角点峰
刈寄山
刈寄山
戸倉三山のひとつ/かつての草生地。南の展望が開ける
川苔山
川苔山
いつも人で賑わう、奥多摩屈指の人気の山
草戸山
草戸山
町田市の最高点。松見平休憩所からの眺めよし
熊倉山
熊倉山
丹沢、道志の山々を一望する爽快感
黒ドッケ
黒ドッケ
北高尾山稜の最高点
軍刀利神社元社
軍刀利神社元社
立派な軍刀利神社が建ち、南の景観が開けた平坦な山頂
高明山
高明山
大岳、御岳と並び称されたと伝わる高明神社跡が残る
御前山
御前山
奥多摩三山のひとつ/奥多摩主脈の中央に位置する美しい姿
小仏城山
小仏城山
小さな山城があったと伝わる、眺望のよい伸びやかな山頂
金比羅山
金比羅山
巨岩・巨石が鎮座する深山の風情
サス沢山
サス沢山
探せるか、幻の三角点
三方山
三方山
青梅丘陵唯一の三角点を確かめる
生藤山
生藤山
小さな山頂にはドラム缶。不思議な雰囲気の三角点ピーク
白岩山
白岩山
急登を終えると、三角点がひっそりと出迎える
陣馬山
陣馬山
この山ほど、360度の展望が楽しめるところはあるだろうか
杉沢ノ頭
杉沢ノ頭
長い北高尾山稜にひとつだけの三角点
豆佐嵐山
豆佐嵐山
名前に惹かれて登る入山尾根とのジャンクションピーク
浅間岳
浅間岳
羽村市、草花丘陵の最高点で展望にも恵まれる
浅間嶺
浅間嶺
かつての交易路の峠を控え、富士山遙拝の地として栄えた
惣岳山
惣岳山
高水三山のひとつ/青渭神社奥の院が鎮座する
惣岳山
惣岳山
豊かな自然林に囲まれた、御前山の肩
ソーヤノ丸デッコ
ソーヤノ丸デッコ
のんびりとくつろげる、明るく優しい丸い頂
醍醐丸
醍醐丸
戸倉三山、和田峠に通じる重要な通過点
高尾山
高尾山
言わずと知れたミシュラン人気の山。登るほどに味が出る
鷹ノ巣山
鷹ノ巣山
見飽きることのない南側の一大パノラマ
高水山
高水山
高水三山のひとつ/真言宗の名刹・常福院に参拝
月夜見山
月夜見山
奥多摩周遊道路脇にありながらも好ましい雰囲気
天竺山
天竺山
三内神社奥社のある静かな山頂
堂所山
堂所山
北高尾山稜と奥高尾山稜の合流点。陣馬山の展望よし
戸倉城山
戸倉城山
豪族小宮氏の山城跡。山頂からの眺めは値千金
八王子城山
八王子城山
山麓に北条氏照の居城跡。数々の遺構も興味の対象
日の出山
日の出山
大展望に癒された下山後は温泉にも癒されたい
雹留山
雹留山
意味ありげな名前にひかれて山頂を探す
仏岩ノ頭
仏岩ノ頭
雑木・下草に埋もれた三角点を探す興味深い山頂
槇寄山
槇寄山
富士山を正面に据える、かつての交易路の名峰
馬頭刈山
馬頭刈山
関東の富士見百景に選定された富士山展望地
松生山
松生山
明るく伸びやかに生まれ変わった山頂
丸山
丸山
ひっそりとした山頂に顔をのぞかせる三角点
三国峠(三国)
三国峠(三国)
甲・相・武の三国を結んだ要衝。多くの登山客で賑わう
御岳山
御岳山
御師の宿坊、門前町が賑わう、武蔵御嶽神社の山
三頭山
三頭山
奥多摩三山のひとつ/多くの山名由来が伝わる眺望の峰
六ツ石山
六ツ石山
南アルプスも展望できる明るい山頂
湯久保山
湯久保山
湯久保尾根の名が付いた、不遇の山頂
雷電山
雷電山
北条氏照ゆかり、雨乞い伝説が残る
連行峰
連行峰
誰もがひと息つきたくなる格好の休憩ポイント

多摩市周辺ジョギングコース

多摩市神社


最近の更新

ミサゴ
ミサゴ
2022/09/22

ノスリ
ノスリ
2022/02/15

オカヨシガモ
オカヨシガモ
2022/02/13

オナガガモ
オナガガモ
2022/02/10

多摩川の野鳥
多摩川の野鳥
2022/01/10


[EDIT]