コウゾの実が赤くなりました |多摩丘陵の自然と多摩市周辺の歴史と文化

コウゾの実が赤くなりました

2018年06月04日 更新

コウゾの実が赤くなりました
以前見つけたコウゾの木。
調べてみると桑の木の仲間とのこと。
確かに桑に実に似ています。
ということは、鳥が実を食べてフンに紛れた種から発芽して育ったのかな。
近くに桑の木もあり、こちらも実が熟していました。
公園に中を散策するとオカトラノオがそろそろ開花しそうでした。

桑の実も熟していました

桑の実も熟していました

熟すと黒に近い紫色になる桑の実。
信州にいた幼いころよく採って食べました。

記念館へ行く通りは緑が濃くなりました

記念館へ行く通りは緑が濃くなりました

新緑が眩しかった記念館へ向かう道も緑がかなり濃くなりました。
もみじです。
周りではホトトギスが大きな声で「テッペンカケタカ」とさえずっています。

オカトラノオももうじき開花です

オカトラノオももうじき開花です

花が虎の尾のように垂れるのでトラノオと名付けられたみたいです。
白い花がもうすぐ開花します。

ゆうひの丘からの視界は広く、西武ドームが見えます

ゆうひの丘からの視界は広く、西武ドームが見えます

今日は少し霞がかっているので桜ヶ丘公園の高台からは富士山は見えませんでした。
少し足を伸ばしてゆうひの丘へ行くと、意外と視界がよく、西武ドームがはっきり見えました。



[EDIT]